FAZER125にっき

YAMAHA YS125 (FAZER125) のメンテ日記

FAZER125(YS125Fi)を選ぶまで その1

12年乗った2stバイク、TR110ことSUZUKI STREET MAGIC 110。

 

ãTR110 ã¹ãºã­ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 駆動系はバイクショップ、それ以外は自分でメンテナンスしながら乗ってきたものの、煙もくもくロングライドがキツくなってきたので乗り換えを決意。

まずはこれまでのバイク歴をたどってみる。

 

HONDA DJ-1RR(1988)

ãDJ-1RRãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

かっとびスクーター。原付免許取った翌日に友人から譲ってもらう。

空冷2サイクル単気筒 49cc
最高出力 6.8ps/7000rpm
最大トルク 0.73kg-m/6,500rpm

当時のスクーターではかなり速かった。若かったから一日で300km以上なんども走った。峠も走った。事故もやった。

DJ-1はメットインではなかったので後継のHONDA Dioが羨ましかった。

HONDAの倉庫棚卸しのバイトしたときに、処分する純正部品をたくさん貰ったので、外装周りを新品に交換してバイクをいじる楽しみを知ったのもこいつから。

 

YAMAHA TZR250(1985)

f:id:l83DK:20180906223601p:plain

レーサーレプリカブームの先駆け。中型免許取ったあと大学の先輩から譲ってもらった。

水冷2サイクル並列2気筒 249cc
最高出力 45ps/9500rpm
最大トルク 3.5kg-m/9000rpm

7000rpmくらいまで回して1→2→3くらいまで繋いだところで100km/hを超える。規制前の2ストロークエンジンによる容赦ない加速で、その時意識は後ろに置いてかれたままという感じ。まごうことなき名車だけど、未熟すぎてまともに乗りこなせなかった。

「このままこのバイクに乗ってると、いつか死ぬ」と思い怖くなって降りる。

 

HONDA Golilla(1981)

f:id:l83DK:20180906224531p:plain

モンキーのデカタンク版。知人から譲ってもらう。

空冷4サイクル単気筒 49cc
最高出力 2.6ps/7,000rpm
最大トルク 0.3kg-m/5000rpm

初めて4サイクルに乗る。TZR250からあまりのギャップだけど、どこにでも行ける相棒って感じ。これで林道も走りまくった。全然坂のぼんなくて笑えるくらいローペースだったけど楽しかった。

月に3000kmと、乗りに乗りまくって、丈夫なエンジンだなあと油断したのが運の尽き。調子に乗ってぶん回して乗ってたらオイル飛んでたことに気づかず、エンジン焼き付いて終了。ちょうどまた大きいのに乗りたくなったこともあって、「キタコの88ccキット組んでボアアップして乗る」と欲しがった友人に譲渡。

 

SUZUKI RF400RV(1994)

ãSUZUKI RF400RVãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 バンディットのVCエンジンを搭載した名作ツアラー。世間ではKAWASAKI ZZ-R400が人気だったけど、ひと目見て絶対にこれに乗りたい!と、夏休みにバイトしまくってお金を貯めて45万で赤男爵で1年半落ちを購入。

水冷4サイクル並列4気筒 398cc
最高出力 53ps/11000rpm
最大トルク 3.8kg-m/9500rpm

最高のバイクでした。今でもまた乗りたい。
こいつと旅した10日間の北海道は忘れられない思い出。

 

26で結婚して降りる。会社の先輩に譲った。今では譲ったことを心底後悔している。

 

SUZUKI TR110 STREET MAGIC

f:id:l83DK:20180906222519p:plain

結婚6年、自転車で過ごしたものの、我慢しきれず「横浜は坂が多いからスクーターを買いたい」と、妻に了解を貰った上で、でもやっぱりニーグリップできるバイクが・・・と探した結果出会ったこいつ。
1998-1999の2年しか生産・販売しておらず、購入した2006年当時ですでに中古タマ数はかなり少なかった。埼玉県蕨市のバイカーズステーションSOX蕨店で購入。

強制空冷2サイクル単気筒 113cc
最高出力 10ps/6500rpm
最大トルク 1.2kg-m/6000rpm

まさか12年も乗ることになるとは思わなんだ。不便、パワーない、ブレーキ効かない、エンジンすぐかからなくなる、思ったより走りがスポーティーじゃない、回すとすぐ煙吐く、熱でダレる、という手のかかるかわいいやつ。

一度、駅で米兵に盗まれかけ、えらい目にあった。その時フェンダーが割れた。

2年くらい前から排気系が詰まって、エキパイに穴があき、一度諦めかけたものの、バイク屋でマフラー焼いてもらいヌケが少し良くなって、エキパイは溶接してもらったので延命できた。今年に入ってセンタースタンドが折れ、純正部品が手に入らなくなったのを知り、珍車希少車に乗り続ける限界を感じ次を考えることに。

こんな小さいバイクだけど荷物積んでキャンプツーリングにあちこち行きましたよ。東は房総半島から西は伊豆石廊崎まで 、関東周辺を走り回った思い出たくさん。

 

つづく。